民事再生とは

借金を抱えている人が多重債務の問題を解決するためにとる手続きの1つとして知られている民事再生は、住宅や財産は維持したまま、大幅に減額された借金を、3年間で分割して返済していくのが民事再生です。減額になった分の借金をしっかり関西することができれば、減額になる前の分の借金は原則として返済する義務が法律上免除されます。

弁護士民事再生は自己破産のように借金返済の義務が無くなるわけではありません。ここを勘違いしている人がいますが、民事再生では減額されても残りの借金を返済していかなければいけません。自己破産をすれば借金が無くなるので楽になると思っている人もいますが、様々な制限を受けてしまうので、普段の生活をするときに仕事でもプライベートでも窮屈に感じてしまうことがあります。

多重債務の場合は自己破産してしまったほうが返済しなくてもよくなることがメリットだと感じている人もいますが、民事再生をする人は処分されたくない財産を持っている人や、自己破産が職業などに影響を及ぼす可能性がある人が、自己破産ではなく、民事再生でどうにか返済していくことになります。しっかり返済能力がある人は自己破産しないで、民事再生で確実に借金を返済していきましょう。


●参考●
https://www.adire.jp/minji/
└民事再生(個人再生)について解説している「アディーレ法律事務所」のサイトです。

 

弁護士に相談する

相談債務整理の手続きは簡単ではありません。弁護士と一緒になって手続きを進めていく必要があります。民事再生の手続きはとても面倒ですし、他の債務整理とどのような違いがあるのかを理解しなければ、間違った手続きをしなければいけません。民事再生は借金を0にすることはできないので、専門知識がある弁護士に相談して、手続きをすすめるようにしてください

民事再生を利用できる人は様々な条件があります。1つ目に借金の総額が5,000万円以下の人、そのままだと返済不能になってしまう可能性がある人、借金はあるものの、これからも返済をするための収入を得る見込みがある人が民事再生を利用することができます。自分がこの条件に当てはまるときは、弁護士に相談して民事再生の手続きをするようにしてください。

弁護士は自分の得意な分野がありますが、相談するときは多重債務に強い弁護士にどのように民事再生の手続きをすれば良いかを聞くようにしてください。詳しい弁護士に聞けば問題を解決することができます。弁護士に相談するときにまずは無料相談のサービスを受けましょう。そして自分の悩みを聞いてもらい、弁護士と一緒になって多重債務の問題を解決していきましょう。